meetsADHDとはどんなメディア?

meetsADHDは、発達障害の一種であるADHD(注意欠陥・多動性障害)や、その二次障害として多い学習障害、うつ病、躁うつ病などを抱えた人がより良く生きるために必要な情報がまとまっている場所がほしいと思い、自らもADHDであるkana43poqが2016年10月に作ったメディアです。

ADHDは全人口の3%ほどが羅患していると言われます。その特性が現代社会と相反する所があり、人間関係のトラブルや職場への不適合など各種問題を抱えている人や、病気の存在自体に気付かずに苦しんでいる人が多くいます。

ADHD当事者が一般社会で生きるためには一定の努力が必要です。とはいえ、闇雲に行動するとただでさえ疲れやすいADHD当事者は疲労困憊し、二次障害の誘発にもつながります。病気を知り、良い塩梅を見つけることが大事だと思います。

meetsADHDはADHDを主なテーマとして、メンタルヘルスに問題を持つ人が自らと向き合い、問題に対してひとつずつ対策を打ち、理想の人生を実現するための参考となるようなメディアを目指していきたいと思います。

財布や小物をすぐ置き忘れたりなくしたりする方へ。離れすぎるとスマホ通知で教えてくれる、Bluetoothトラッカーのススメ。

物を頻繁に置き忘れる・なくす自分 (from www.irasutoya.com) meetsADHD管理人で […]

2016年9月25日

役立つADHD関連情報をお届け!